伊賀タウン情報ユー「YOU]より

「YOU」 2011.04.23 Vol.554 4月後半号より

大嶽監督のくノ一NOTE Vol.6

「ホーム初戦で勝利もぎ取る」

 いよいよリーグ開幕だ。当初の予定よりも1か月遅れで始まる。初戦の開催地も敵地から急きょ本拠地に変更となり,移動なくスムーズに調整ができる。この利点を最大限生かし,全力プレーで初戦勝利をもぎ取りたい。

 東日本大震災では,被災した方が大勢いて,今季の活動を自粛するチームも出た。そんななかで,自分たちはサッカーをやらせてもらえる。勝負へのこだわりとともに,感謝の気持ちを忘れずに戦っていきたいし,地元での試合は復興支援のための募金活動など,チームで協力していきたい。

 延期が決まってからは,心と体のコンディションをもう一度ピークに上げるのに苦労した。しかし,この時期にきて,けが人が復帰し,選手起用の幅や厚みが増したことは良かった。

 戦い方は昨季と変わらない。「守・走・攻」が基本だ。攻撃では常にゴールへの意識を持つよう,縦へのダイレクトパス,守備では途中でボールを奪われた時,素早く切り替え人出をかけて奪い返しにいく「ファーストプレス」を徹底し,最終的には5位を目指す。

 くノ一には,相手が強いとか弱いとか,相性が良いとか悪いとか関係無い。とにかく,自分たちがどう戦うか。練習で繰り返していることを本番で出し切れるかに懸かっている。「ホームゲームでは絶対勝てる」という気持ちで,チームの皆が一つになれたら,目標は実現すると信じている。


 
[PR]
by kunoichilove | 2011-04-21 13:34 | IFCくノ一