大嶽監督のくノ一NOTE Vol.7

伊賀タウン情報ユー「YOU」 2011.06.11  Vol.557  6月前半号より

*****

 - 熱くなりベンチ退場に 選手らに申し訳ない -

 リーグ開幕からのホーム3連戦。本拠地では勝つとの約束を裏切りたくなかったが,結果は1勝2敗だった。

 鈴鹿であった5月8日の2戦目,対ジェフ千葉は私自身が選手以上に熱くなってしまい,「ジャッジに対する抗議」とみなされ,退場処分になってしまった。選手やスタッフ,サポーターに申し訳なかった。

 今季これまでの試合を振り返ると,全体として納得のいく内容だった。失点も平均で最小に抑えた。もちろん負け越してはいるが,内容では五分五分,もしくは2勝1敗でもおかしくないし,まず守備に徹して攻撃につなぐチームの方向性に問題はない。

 足りないのはゴールに対する意欲。シュート数よりも,どれだけ相手のゴールに近づけるかが大事だ。いつも伝えていることだが,1つの指示にとらわれすぎてしまい,プレーの幅が見えない。

 また,どんな相手であっても出足の早さと次のプレーに対する予測を磨かないといけない。落ちついて焦らずやってほしい。そうすれば試合の展開も変わるし,相手よりも優位に立てる。

 6月11日までの2試合は上位とのアウェー戦だが,地元・伊賀の人たちに良い報告ができるような試合をしたい。

*****
[PR]
by kunoichilove | 2011-06-09 09:29 | IFCくノ一