YOUの紙面より IFCくノ一ニュース その①

伊賀タウン情報ユー YOU 2011.08.13 Vol.561 8月前半号 の紙面より

13日のASエルフェン狭山戦を迎えるにあたって

*****

注目集める なでしこリーグ

「なでしこジャパン」が世界一に輝き,国民栄誉賞の受賞も決まるなか,日本女子サッカーリーグの伊賀FCくノ一は8/13,ワールドカップ後初の本拠地戦,対ASエルフェン狭山に臨む。国内女子サッカーは代表選手の活躍で,過去に類を見ないほど注目が集まり,くノ一も東海唯一の存在としてアピールする絶好の機会だ。

 9チームによるリーグはほぼ1巡目が終わり,通算成績は1勝1分5敗の暫定7位。地元開幕戦を7年ぶりに勝利で飾ったが,その後は連敗が続いた。

 W杯後に再開した敵地での岡山湯郷ベル戦は,0対0で迎えた後半ロスタイムに決勝点を決められ惜敗。中5日後の7/31には,神奈川県平塚市で昨年覇者の日テレ・ベレーザと対戦し,先制されたが後半に同点に追いつき,6試合ぶりに勝ち点を手にした。

 ワンプレーの結果で明暗を分けた2試合を経験し,くノ一の選手達はどう成長したのだろうか。大嶽監督は「終了直前の失点で負けた悔しさは身に染みたと思う。でも,それがあったからこそ,ベレーザ戦は引き分けに持ち込めた。戦術もチーム全体に浸透し,精神力と体力も付いてきている。次の試合は私自身も楽しみ」と選手の奮起を期待した。

*****
[PR]
by kunoichilove | 2011-08-11 08:07 | IFCくノ一