<   2013年 06月 ( 48 )   > この月の画像一覧

三重県のHPより


山形県からさくらんぼ佐藤錦が届きます!直売所交流山形県フェア
~6月29日(土)には、知事が応援に駆けつけます~


 6月29日から9日間の期間限定で、直売所の賑わいづくりと活性化、商品と運営のブラッシュアップを目的に、山形県と三重県の直売所が交流する「直売所交流山形県フェア」を実施します。
 また、6月29日(土)には、山形県の吉村美栄子知事と三重県知事が参加するオープニングイベントを開催します。さくらんぼやトマトのプレゼントもありますので、ぜひご来場ください。

1 フェア期間
 平成25年6月29日(土)から7月7日(日)まで(9日間)

2 参加直売所(22店舗)
 ・いなべっこ(いなべ市北勢町阿下喜1911)
 ・ふれあいの駅うりぼう(いなべ市員弁町大泉2517)
 ・米ひろば額田店(桑名市額田350)
 ・米ひろば大山田店(桑名市大字播磨1412-1)
 ・四季菜 常磐店(四日市市城東19-5)
 ・四季菜 羽津店(四日市市大宮町13-9)
 ・四季菜 大矢知店(四日市市大矢知町1065-1)
 ・四季菜 尾平店(四日市市尾平町1688-1)
 ・四季菜 内部店(四日市市采女町864)
 ・四季菜 下野店(四日市市朝明町530-2)
 ・四季菜 日永店(四日市市日永西3-1-26)
 ・四季菜 菰野店(菰野町菰野1098-1)
 ・四季菜 西部店(菰野町大字大強原3167)
 ・みどりのだいち(鈴鹿市広瀬町2722)
 ・みどりの交差店(津市一身田大古曽670-5)
 ・農家の産直市場みのり久居店(津市戸木町7104-1) 
 ・きっする黒部店(松阪市東黒部町天神1)
 ・松阪農業公園ベルファーム農業市場(松阪市伊勢寺町551-3)
 ・ふるさと味工房アグリ(玉城町原4254-1)
 ・ほのぼの市場(名張市夏見96)
 ・とれたて名張交流館(名張市希央台2)
 ・ほほえみかん(熊野市有馬町1368-1)
 開催時間、定休日は添付資料「開催案内チラシ」をご覧ください。

3 内容
 山形県の特産品の販売(さくらんぼ「佐藤錦」、100%ストレートジュース(もも、ラ・フランス他)など
   

4 オープニング記念イベント
 日時:平成25年6月29日(土)10時から10時30分まで
 場所:JAみえきた四季菜 尾平店(四日市市尾平町1688-1)
 内容:(1)三重県知事、山形県知事、JA山形運営委員会会長、JAみえきた組合長あいさつ 
    (2)山形県知事によるさくらんぼPR
       三重県知事による四日市のトマトPR
    (3) 山形県のさくらんぼ、四日市のトマトのプレゼント

※直売所交流フェアは、「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」の取組の一環として開催されます。「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」とは、新しいふるさとの創造に向けて、「自立と分散・連携」を掲げ、政策のイノベーションを進めるとともに、そのために必要な政策の転換を国に積極的に提言するため、共に行動する政策集団として設立された会です。現在の参加県は、青森県、山形県、石川県、福井県、山梨県、長野県、三重県、奈良県、鳥取県、島根県、高知県、熊本県、宮崎県の13県です。

写真は、中日新聞より オープニング記念イベントの様子です!

d0118009_6424830.jpg

[PR]
by kunoichilove | 2013-06-30 06:43 | 伊賀・三重の話題

女子部員が始球式!

中日新聞 社会面より(概要)

三重県立桔梗ケ丘高校の女性野球部員の子が、甲子園への切符を懸けた県大会の開幕戦で、始球式に登板するそうです。

中学時代から始め、高校入学時に悩んだ際に共に汗を流した男友達3人に相談したら「おまえなら大丈夫。一緒にやろう」と同じ言葉が返ってきたそうです。

入部の際には、監督と「特別扱いはしない」との約束を交わし、つらい練習に「もう無理」と思った事もあったようですが、先輩からの「いまやめたら絶対後悔するぞ」の言葉に活を入れられ、今では、バントのうまさではチームでも指折りで、練習試合では外野手として出てヒットも放ち、監督からも「ベンチ入りさせても遜色ない」と言われているそうです。

卒業後は女子プロ野球の門をたたくつもりですが、いま考えるのはチームのことだけ。「応援しかできないけど、勝ち進んでほしい」と願っているそうです。

その前に大仕事が!7月12日の開幕戦の始球式。「ストライクをとります」のボールが、熱い夏の始まりを告げます。

d0118009_1035629.jpg



--------

高野連の規定で、大会出場は男子に限られています。ただ、三重県だけでなく他の都道府県でも高校野球に所属している女子部員はいるとおもいます。高野連は、安全性を理由にしていたんだと思いますが、やたら「教育」を口にするなら、男女平等における教育において、学校が力量を認めてベンチ入りさせる女性部員の出場を認めていいのではないかと思います。
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-29 10:41 | 伊賀・三重の話題

残念ながら、伊賀FCくノ一サテライトは一回戦で名古屋FCに敗退してしまいましたが、準決勝戦・3位決定戦・決勝戦の結果は以下の通りです。

・準決勝戦:

 藤枝順心SCジュニアユースブルー(順心) vs 名古屋FC(名古屋)

 1-0で名古屋が勝利

 常葉学園橘中学校(常葉) vs 楠クラブレディース(楠)

 4-0で常葉が勝利


・3位決定戦:

 順心 vs 楠  延長戦にまで突入し、3-2で順心が勝利

・決勝戦:

 名古屋 vs 常葉 0-3で常葉が優勝

全国大会へは、常葉・名古屋・順心の3チームが出場となりました!
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-27 10:53 | サッカー/フットサル

韓国で行われているアジアインドア・マーシャルアーツゲームズ

フットサル女子日本代表の結果速報:初戦

フットサル女子日本代表 vs ウズベキスタン

日本が8-0で勝利(^^)/

得点:四宮×2、小出×2、吉林×2、坂田×1、 オウンゴール

四宮・小出・吉林の3選手は、VEEX Tokyo所属 *四宮選手は、元伊賀FCくノ一&元gang ladies
坂田選手は、SWHL所属 *SWHLには、元伊賀FCくノ一&元gang ladiesの村上選手が所属
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-26 14:42 | サッカー/フットサル

今日のイングランド戦

6月26日 日本時間 21時45分 キックオフ
なでしこジャパン vs イングランド女子代表 NHK BS1 にて生中継
解説:小島伸幸さん ゲスト:高倉麻子さん&元伊賀FCくノ一の宮本ともみさん です!
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-26 07:45 | サッカー/フットサル

JFAnews6月号に同封されていたものから紹介(その3)

めざせ!ベストサポーター

子どもたちのサッカーには、たくさんの大人が関わります。キッズ年代、育成年代では大人の影響を、ポジティブにもネガティブにも非常に大きく受けます。子どもたちには、指導者を通して働きかける。指導者には指導者養成を通して働きかけることができる。しかし、子どもたちに最も大きく関わる保護者の皆さんには、働きかけるすべがありませんでした。そこで、日本サッカー協会では、サッカーに夢中な子どもたちの保護者の皆さんに向けたハンドブック『めざせ、ベストサポーター』を作成しました。日々大きな情熱を持って子どもたちを見守る保護者の皆さん、子どもたちと最も多くの時間を過ごす保護者の皆さんの協力なしには、子どもたちのサッカーは成り立ちません。子どもたちにとって最高のサポーターは、保護者の皆さんです。その大きなエネルギーに満ちたサポートが最高のものとなるように、良い関わりを考えていただくためのハンドブックです。

以下のURLより資料(その1、その2、その3)のダウンロードが可能です。

http://www.jfa.or.jp/training/otona/index.html

http://www.respectfc.jp/goods/index.php
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-25 11:23 | サッカー/フットサル

JFAnews6月号に同封されていたものから紹介(その2)

リスペクト

世界のサッカー界、ひてはスポーツ界全体にひろがっている価値観です。
日本サッカー界では、「大切に思うこと」という言葉に置き換えて広めています。味方、相手、審判、指導者、サポーター、役員、用具、施設、ルール等々、関わるすべての人、ものを互いに大切に思うこと。フェアプレーの原点であると考えています。
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-25 11:07 | サッカー/フットサル

JFAnews6月号に同封されていたものから紹介(その1)

Players First!

日本サッカー協会の育成で長年大切にしてきている言葉です。子どもたちのサッカー環境をより良いものにしようと思うとき、反面でさまざまな困難が生じることがあります。何かを迷った時、難しい判断になった時にも、大人の価値観ではなく、本質である、常に「プレーヤーにとってなにが一番良いのか」を考えることを大切にしています。
子どもたちの育成にはたくさんの大人が関わっていきます。その大人たちがさまざまな立場から、この「Players First」の合言葉をよりどころとして取り組んでいます。
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-25 10:57 | サッカー/フットサル

平和の詩

23日の沖縄慰霊の日に朗読された平和の詩。小学1年・安里君

「へいわってすてきだね」

へいわってなにかな。
ぼくは、かんがえたよ。
おともだちとなかよし。
かぞくが、げんき。
えがおであそぶ。
ねこがわらう。
おなかがいっぱい。
やぎがのんびりあるいている。
けんかしてもすぐなかなおり。
ちょうめいそうがたくさんはえ、
よなぐにうまが、ヒヒーンとなく。
みなとには、フェリーがとまっていて、
うみには、かめやかじきがおよいでいる。
やさしいこころがにじになる。
へいわっていいね。へいわってうれしいね。
みなのこころから、
へいわがうまれるんだね。

せんそうは、おそろしい
「ドドーン、ドカーン。」
ばくだんがおちてくるこわいおと。
おなかがすいて、くるしむこども。
かぞくがしんでしまってなくひとたち。

ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ。
このへいわが、ずっとつづいてほしい。

へいわなかぞく、
へいわながっこう、
へいわなよばぐにじま、
へいわなおきなわ、
へいわなせかい、
へいわってすてきだね。

これからも、ずっとへいわがつづくように
ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。
[PR]
by kunoichilove | 2013-06-25 08:05 | その他

中日新聞より(抜粋)

伊賀流忍者博物館で、忍びの者の演技を披露する「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅」が7月4日から7日、フランスで開かれる日本文化を紹介するジャパンエキスポに出演。NINJAを海外にアピールする。

d0118009_6565320.jpg

[PR]
by kunoichilove | 2013-06-25 06:57 | 伊賀・三重の話題