YOUの紙面より IFCくノ一ニュース その③

伊賀タウン情報ユー YOU 2011.08.13 Vol.561 8月前半号 の紙面より

 注目の女子サッカー なでしこリーグ

 得点でチーム牽引 中心2選手

*****

 今年で創部35年のくノ一。所属選手32人の個性はさまざまだが,プレーヤサッカーへの姿勢でチームをまとめたり,頼りにされる存在の大きさは計り知れない。くノ一のことをよく知り,愛着の深い中心選手2人がゴールで牽引する。

*****

 宮本ともみ選手 リーグ200試合出場 「若い選手に負けたくない」

 「このチームで結果を出すことに集中している」。18歳で入団し,現在はチーム最年長の元日本代表,MF宮本ともみ選手。移籍先から復帰し,リーグ14年目を迎えた。出産で一時休養の期間はあったが,7/24の湯郷ベル戦でリーグ200試合出場を達成した。

 平日の午後6時。息子を保育所まで迎えに行って自宅に送り,練習場に到着する。母親から選手にスイッチを入れ替える瞬間だ。今季もチームの中心選手として,7試合全てに先発。開幕戦は復帰後の初公式戦で2ゴールを決めるなど,存在感は大きい。

 なでしこジャパンの快進撃はテレビで観戦した。最優秀選手と得点王に輝いたINAC神戸の澤選手とは同い年。過去3度出場したW杯ではチームメイトだ。「尊敬する選手の一人。刺激になったし,学ぶことも多かった」と称えた。

 最後まであきらめない姿勢は,若い選手の手本。また,味方を生かすプレーに加え,昨年からは得点にもこだわるようになった。

 巧守のかじ取り役「ボランチ」から,より攻撃的な「トップ下」で出場するようになったことも,得点への強い意識につながっている。今季の自己採点は「内容は悪くないけど,シュートの精度を上げないと。結果を出せていないので0点かな」と辛口だ。

 開幕前に掲げた個人目標は自己最多の7ゴール以上。「年齢を言い訳にしない。まだまだ若い選手に負けたくありません」。サッカーへの情熱は入団当時から今も変わりない。

*****

 堤早希選手 期待背負う「10番」 ポスターモデルに起用

 年齢的には中堅だが,リーグ11年目は所属選手32人の中で2番目に長い,右サイドハーフの堤早希選手。昨季は全試合にフル出場し,今季も7試合で先発。

 中学から下部組織でプレーする生粋の生え抜きだ。3年前にエースナンバー「10」を目標の宮本選手から引き継いだ。今季はチームポスターのモデルに起用されている。

 大嶽監督からは献身的な守備で評価されている。しかし本人は,「本来の攻撃的プレーヤーでの役割が果たせていない」。

 頼る立場から,頼られる立場へ。チームリーダーに育って欲しいという周囲の期待に,堤選手も自覚が芽生えている。

 3季ぶりに同じチームでプレーする宮本選手も”妹”の成長ぶりを感じている。「チームの中で人一倍声を出して盛り上げている。周囲からも頼られているし,年下の選手からは尊敬の言葉もよく聞く」。

 プレーや人柄で目標にしていた宮本選手から認められた堤選手。「まだまだ成長しないと。皆と一緒に強いくノ一にしたい」。13日のASエルフェン狭山戦は「必ず得点に絡む」と心に決めている。

*****
[PR]
by kunoichilove | 2011-08-11 08:54 | IFCくノ一 | Comments(0)

『忍(SHINOBI)』
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28