有名選手が日本へ…

繋がらなくなった原因は不明ですが,どうにか復旧してパソコンのネットが繋がるようになりました(^^)

2/7付け読売新聞:スポーツ欄掲載記事(毎週火曜日掲載のSOCCERウイークリー)より 抜粋

各国代表 調整に不安

米女子リーグ 開催中止

 ロンドン五輪を控える女子サッカー界に衝撃が走った。米国プロリーグのWPSが今季の開催を中止。WPSには昨季,日本人選手こそいなかったが,ワンバック(米),マルタ(ブラジル)の両FWら各国の代表選手が数多く集まっていた。なでしこジャパンのライバルたちは五輪まで,どう調整するのだろうか。

 WPSは昨年10月,フロリダに本拠地を置くマジックジャックを「運営が基準に合わない」と追放。しかし,この件でチームのオーナーから起こされた訴訟が不利な展開になった模様で,1月30日に「法的問題を解決し,WPSを正しく発展させるため」として,例年通りなら春に開幕するリーグ戦の中止に踏み切った。

 米国サッカー協会は,代表メンバーの調整について「代表合宿や国際試合を増やし,五輪までの日程は埋まった」と説明する。試合ごとの移動距離が長く,体力的に過酷なWPSから解放されるため,五輪準備には「かえって好都合」と指摘する関係者も。2010年までWPSでプレーしたMF澤(INAC)の代理人を務める尹台祚(ユンテジョ)氏は「米国内のセミプロチームに移って実戦経験を補う選手もいるだろう」と予測する。

 外国人選手では,イングランド代表FWのスミス(ボストン)が「(代表級は)スウェーデンやドイツなどでプレーするでしょう」と英BBC放送(電子版)に話した。自身もイングランドのチームから加入を打診されているという。

 なでしこリーグの田口禎則専務理事は「外国人プロを獲得できる日本のチームは限られる。ただ,リーグとしても移籍支援は検討したい」。すでに5選手が,日本への移籍を選択肢に入れて尹氏にプロフィールを送付してきており,一定の興味を示すチームもあるという。何人かの受け入れが実現する可能性はありそうだ。
[PR]
by kunoichilove | 2012-02-07 22:05 | サッカー/フットサル | Comments(0)

『忍(SHINOBI)』
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28