2018年シーズンのリーグ戦終了!   

2018年 10月 29日

伊賀FCくノ一の今季のリーグ戦が終了しました。

18試合 14勝2敗2分け 勝点44 1位 来季は1部に復帰!
リーグ最終成績2位のニッパツ横浜FCシーガルズの勝点は31。その差13!

29得点/6失点/得失点差+23
29得点は、リーグ最終成績2位のニッパツ横浜FCシーガルズの32得点に続くリーグ内2位
6失点はリーグ内1位。リーグ内2位は、リーグ最終成績5位ASハリマアルビオンが19失点
得失点差+23に続くのは、リーグ最終成績2位ニッパツ横浜FCシーガルズの+8

得点数チーム内ベスト3は、
杉田選手:8得点・森選手:6得点・竹島選手:5得点
杉田選手の8得点はニッパツ横浜FCシーガルズ大滝選手の11得点に次ぐリーグ内2位

シュート本数チーム内ベスト3は、
1位(1位)森選手・46本、2位(2位)杉田選手・45本、3位(7位)竹島選手・29本
*()内の順位は、リーグ内の順位

決定率チーム内ベスト3は、
1位(8位)杉田選手・17.8%、2位(9位)竹島選手・17.2%、3位(15位)森選手・13.0%
*()内はの順位は、リーグ内の順位

リーグ戦ホームゲーム:入場者数&1試合当たり入場者数
4,871人/1試合当たり541人 リーグ内5位
入場数ベスト4
1位 スフィーダ世田谷FC 6,101人/678人
2位 ASハリマアルビオン 5,579人/620人
3位 オルカ鴨川FC 5,518人/613人
4位 ニッパツ横浜FCシーガルズ 5,040人/560人


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-29 11:32 | IFCくノ一 | Comments(0)

ホーム最終戦を終えて!   

2018年 10月 23日

伊賀FCくノ一の今季リーグ最終戦10月20日(土)なでしこリーグ2部・第17節 バニーズ京都SC戦を1-0の勝利で終えました(^_^)

この日の勝利にて、伊賀FCくノ一のリーグ戦での通算(プリマハムFCくノ一からの通算・カップ戦&入替戦除く)の勝利数が250勝となりました!!

250勝の達成は日テレ・ベレーザさんに次いで2番目のチームとなります。

*日テレ・ベレーザさんは、読売サッカークラブ女子ベレーザからの通算で、先日の10月13日(土)なでしこリーグ1部・第15節での勝利にて400勝を達成されました。
**注意:私の計算が間違えていたらすいません<(_ _)>**

今季の伊賀FCくノ一ホームゲームのリーグ戦1試合当たりの平均入場者数は、541人となりました!
昨年のホームゲームのリーグ戦1試合当たりの平均入場者数は、741人でしたので、200名の減少となりました()

入場者数減少の要因としては、伊賀FCくノ一が1部から2部に降格したこと!そして、当然ながら対戦相手が2部のチームとなったこと!‥‥かなぁ(-_-;)

最大値は、第11節9月9日(日)東員町でのニッパツ戦 746人
*上野運動公園競技場での最大値は、第15節10月7日(日)S世田谷戦 704人

最小値は、第1節3月21日(水)での静産磐田戦 325人

でしたm(_ _)m


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-23 11:12 | IFCくノ一 | Comments(0)

U-18フットサル女子日本代表 銀メダル獲得!!   

2018年 10月 18日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」が終わりました!

フットサル競技・女子 9日目(最終日)の試合結果

決勝ラウンド(ノックアウトステージ)3位決定戦&決勝戦

・3位決定戦
ボリビア 0(0-6/0-5)11 スペイン

・決勝戦

ポルトガル 4(3-0/1-1)1 日本

強豪ポルトガルとの1次ラウンドに続く再戦は残念ながらリベンジはなりませんでしたが(>_<)、オリンピックの名称の大会に日本のフットサルの歴史に残る準優勝・銀メダルを飾りました!!


U-18フットサル女子日本代表のスタッフ・選手のみなさん、銀メダルおめでとうございます!凄いです!!
そして、長期にわたる大会、海外遠征、お疲れさまでした<(_ _)>
(木暮監督をはじめスタッフの方は、日本に戻らずにフットサル日本代表の欧州遠征に向かわれるのかなぁ(-_-)

フットサル競技・女子 決勝ラウンド(ノックアウトステージ)最終成績
優勝(金メダル)ポルトガル
準優勝(銀メダル)日本(U-18フットサル女子日本代表)
3位(銅メダル)スペイン
4位 ボリビア

フットサル競技・女子 1次ラウンド(グループステージ)最終成績

・グループC(スペイン・ボリビアが決勝ラウンド進出)
1位:スペイン 4試合 4勝 39/5/+34
2位:ボリビア 4試合 3勝1敗 20/17/+3
3位:タイ 4試合 2勝2敗 29/13/+16
4位:トリニダード・トバゴ 4試合 1勝3敗 10/40/-30
5位トンガ 4試合 0勝4敗 8/31/-23

・グループD(ポルトガル・日本が決勝ラウンド進出)

1位:ポルトガル 4試合 4勝 37/2/+35
2位:日本 4試合 3勝1敗 16/7/+9
3位:カメルーン 4試合 2勝2敗 16/13/+3
4位:チリ 4試合 0勝1分け3敗 6/27/-21
5位:ドミニカ共和国 4試合 0勝1分け3敗 6/32/-26

*日本の今大会の試合結果


・1次ラウンド(グループステージ)


初戦:vsカメルーン 〇6-2(2-0/4-2)

得点:前田×2・山川×2・宮本・追野

第2戦:vsチリ 〇4-1(1-1/3-0)

得点:前田・荒井・宮本・OG

第3戦:vsドミニカ共和国 〇6-2(4-2/2-0)

得点:前田・荒井・横山・池内・追野・安部

第4戦:vsポルトガル ×0-2(0-1/0-1)

グループ2位で決勝ラウンド(ノックアウトステージ)へ!

・決勝ラウンド(ノックアウトステージ)


準決勝戦:vsスペイン 〇3-2(0-1/3-1)

得点:前田・荒井・追野

*メダル(銀メダル以上)確定!!

決勝戦は、1次ラウンドで0-2で敗れたポルトガルとの再戦となりました!


決勝戦:
vsポルトガル ×1-4(3-0/1-1)
得点:山川
準優勝!・銀メダル獲得!!


今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!

出場権を得られましたが、他競技が出場の可能性があるなか、最終的にオリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場となりました!

U-18フットサル女子日本代表 選手およびスタッフ

<スタッフ>

 監督 木暮賢一郎

 GKコーチ 内山慶太郎

 フィジカルコーチ 下地達郎

 テクニカルダイレクター 小西鉄平

<選手>

 1 須藤 優里亜(GK) フットサル:Laufen/サッカー:富山国際大学付属高

 2 小林 望月(GK) 福井丸岡RUCK

 3 横山 凜花(FP) 福井丸岡RUCK

 4 前田 海羽(FP) 福井丸岡RUCK

 5 追野 沙羅(FP) フットサル:Laufen/サッカー:富山国際大学付属高

 6 荒井 一花(FP) 福井丸岡RUCK

 7 宮本 麻衣(FP) フットサル:流経大メニーナ龍ケ崎/サッカー:京都精華学園高

 8 安部 美楽乃(FP) サッカー:十文字高

 9 山川 里佳子(FP) 福井丸岡RUCK

10 池内 天紀(FP) 福井丸岡RUCK

*福井丸岡RUCK:日本女子フットサルリーグおよび北信越フットサルリーグ女子 所属チーム

Laufen:北信越フットサルリーグ女子 所属チーム

*流経大メニーナ龍ケ崎:日本女子フットサルリーグ 所属チーム

*宮本麻衣・安部美楽乃 両選手は、20183月のトリムカップ第10回全国女子選抜フットサル大会にてフットサル日本女子選抜メンバーとして出場

*大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加!

今回のユースオリンピックにおけるフットサル競技には男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによる1次ラウンド(グループステージ)の後、各グループ上位2チームにより決勝ラウンド(ノックアウトステージ)の準決勝戦・3位決定戦・決勝戦が行われました。

・男子

Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)

Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)

*男子Aグループ順位:

1位・エジプト、2位・アルゼンチン、3位・イラク、4位・スロバキア、5位・パナマ

*男子Bグループ順位:

1位・ブラジル、2位・ロシア、3位・イラン、4位・コスタリカ、5位・ソロモン諸島

*男子準決勝戦:

エジプト 1(1-2/0-1)3 ロシア

ブラジル 3(2-1/1-1)2 アルゼンチン

*男子 3位決定戦

 アルゼンチン 4(3-1/1-4)5 エジプト

*男子 決勝戦

 ブラジル 4(1-0/3-1)1 ロシア
* 男子 決勝ラウンド(ノックアウトステージ)最終結果
優勝(金メダル) ブラジル
準優勝(銀メダル) ロシア
3位(銅メダル) エジプト
4位 アルゼンチン


・女子

Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)

Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)

試合の模様はネットLIVE配信(動画またはテキスト)が行われました!
6千人を超える観客で埋まる会場での試合の模様が映されてました!

このような盛り上がりを日本でも毎試合実現できれば良いなぁ‥

未来に繋がれ!!!!


#
ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-18 07:45 | サッカー/フットサル | Comments(0)

ユースオリンピック「U-18フットサル女子日本代表」決勝戦前のおさらい!   

2018年 10月 16日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」は、日本時間10月18日(木)AM6時キックオフにて優勝・金メダルを賭けて強豪ポルトガルと決勝戦を戦います!

決勝戦を迎える前に簡単におさらいを(^_^;)

今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!
出場権を得られましたが、他競技が出場の可能性があるなか、最終的にオリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場となりました!

U-18フットサル女子日本代表 選手およびスタッフ
<スタッフ>
 監督 木暮賢一郎
 GKコーチ 内山慶太郎
 フィジカルコーチ 下地達郎
 テクニカルダイレクター 小西鉄平
<選手>
 1 須藤 優里亜(GK) フットサル:Laufen/サッカー:富山国際大学付属高
 2 小林 望月(GK) 福井丸岡RUCK
 3 横山 凜花(FP) 福井丸岡RUCK
 4 前田 海羽(FP) 福井丸岡RUCK
 5 追野 沙羅(FP) フットサル:Laufen/サッカー:富山国際大学付属高
 6 荒井 一花(FP) 福井丸岡RUCK
 7 宮本 麻衣(FP) フットサル:流経大メニーナ龍ケ崎/サッカー:京都精華学園高
 8 安部 美楽乃(FP) サッカー:十文字高
 9 山川 里佳子(FP) 福井丸岡RUCK
10 池内 天紀(FP) 福井丸岡RUCK
*福井丸岡RUCK:日本女子フットサルリーグおよび北信越フットサルリーグ女子 所属チーム
*Laufen:北信越フットサルリーグ女子 所属チーム
*流経大メニーナ龍ケ崎:日本女子フットサルリーグ 所属チーム
*宮本麻衣・安部美楽乃 両選手は、2018年3月のトリムカップ第10回全国女子選抜フットサル大会にてフットサル日本女子選抜メンバーとして出場
*大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加されてます!

今回のユースオリンピックにおけるフットサル競技には男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによる1次ラウンド(グループステージ)の後、各グループ上位2チームにより決勝ラウンド(ノックアウトステージ)の準決勝戦・3位決定戦・決勝戦が行われています。

・男子
Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)
Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)
*男子Aグループ順位:
1位・エジプト、2位・アルゼンチン、3位・イラク、4位・スロバキア、5位・パナマ
*男子Bグループ順位:
1位・ブラジル、2位・ロシア、3位・イラン、4位・コスタリカ、5位・ソロモン諸島
*男子準決勝戦:
エジプト 1(1-2/0-1)3 ロシア
ブラジル 3(2-1/1-1)2 アルゼンチン
*男子 3位決定戦 10月18日(木)22:30(日本時間)
 アルゼンチン vs エジプト
*男子 決勝戦 10月19日(金)AM1時(日本時間)
 ブラジル vs ロシア


・女子
Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)
Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)

1次ラウンド(グループステージ)最終成績

・グループC(スペイン・ボリビアが決勝ラウンド進出)
1位:スペイン 4試合 4勝 39/5/+34
2位:ボリビア 4試合 3勝1敗 20/17/+3
3位:タイ 4試合 2勝2敗 29/13/+16
4位:トリニダード・トバゴ 4試合 1勝3敗 10/40/-30
5位トンガ 4試合 0勝4敗 8/31/-23

・グループD(ポルトガル・日本が決勝ラウンド進出)
1位:ポルトガル 4試合 4勝 37/2/+35
2位:日本 4試合 3勝1敗 16/7/+9
3位:カメルーン 4試合 2勝2敗 16/13/+3
4位:チリ 4試合 0勝1分け3敗 6/27/-21
5位:ドミニカ共和国 4試合 0勝1分け3敗 6/32/-26

*日本のここまでの試合結果
・1次ラウンド(グループステージ)
初戦:vsカメルーン 〇6-2(2-0/4-2)
得点:前田×2・山川×2・宮本・追野
第2戦:vsチリ 〇4-1(1-1/3-0)
得点:前田・荒井・宮本・OG
第3戦:vsドミニカ共和国 〇6-2(4-2/2-0)
得点:前田・荒井・横山・池内・追野・安部
第4戦:vsポルトガル ×0-2(0-1/0-1)
グループ2位で決勝ラウンド(ノックアウトステージ)へ!
・決勝ラウンド(ノックアウトステージ)
準決勝戦:vsスペイン 〇3-2(0-1/3-1)
得点:前田・荒井・追野
*メダル(銀メダル以上)確定!!
決勝戦は、1次ラウンドで0-2で敗れたポルトガルとの再戦となりました!

決勝戦:10月18日(木)AM6時(日本時間)
 ポルトガル vs 日本
(3位決定戦:10月18日(木)AM3時30分(日本時間)ボリビア vs スペイン)

試合の模様はネットLIVE配信(動画およびテキスト)が行われます。

女子フットサルのU-18カテゴリーによる初の国際舞台での金メダルを賭けた戦いに注目です!


未来に繋がれ!!!!


#ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-16 15:48 | サッカー/フットサル | Comments(0)

ユースオリンピック U-18フットサル女子日本代表 決勝戦へ!   

2018年 10月 16日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」も最終盤です!

フットサル競技・女子 8日目の試合結果
決勝ラウンド(ノックアウトステージ)準決勝戦

・グループD1位 vs グループC2位
ポルトガル 16(6-1/110-1)2 ボリビア


・グループC1位 vs グループD2位
スペイン 2(1-0/1-3)3 日本

強豪スペインに逆転勝利で決勝戦に進みました!メダル確定も決めました!!


U-18フットサル女子日本代表の大会最後の試合・決勝ラウンド(ノックアウトステージ)決勝戦は、10月18日(木)AM6時(日本時間)
優勝(金メダル)を賭けてポルトガルと対戦です!
1次ラウンド(グループステージ)では0-2と負けた相手と再戦となりました!

10月18日(木)AM3時30分(日本時間)の3位決定戦は、ボリビア vs スペイン となりました!


フットサル競技・女子 1次ラウンド(グループステージ)最終成績。


・グループC(スペイン・ボリビアが決勝ラウンド進出)
1位:スペイン 4試合 4勝 39/5/+34
2位:ボリビア 4試合 3勝1敗 20/17/+3
3位:タイ 4試合 2勝2敗 29/13/+16
4位:トリニダード・トバゴ 4試合 1勝3敗 10/40/-30
5位トンガ 4試合 0勝4敗 8/31/-23


・グループD(ポルトガル・日本が決勝ラウンド進出)
1位:ポルトガル 4試合 4勝 37/2/+35
2位:日本 4試合 3勝1敗 16/7/+9
3位:カメルーン 4試合 2勝2敗 16/13/+3
4位:チリ 4試合 0勝1分け3敗 6/27/-21
5位:ドミニカ共和国 4試合 0勝1分け3敗 6/32/-26


今回のユースオリンピックには男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによるリーグ戦の後、各グループ上位2チームにより決勝ラウンド(準決勝戦・3位決定戦・決勝戦)が行われます。


・男子
Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)
Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)
*男子Aグループ順位:1位・エジプト、2位・アルゼンチン、3位・イラク、4位・スロバキア、5位・パナマ
*男子Bグループ順位:1位・ブラジル、2位・ロシア、3位・イラン、4位・コスタリカ、5位・ソロモン諸島
*男子準決勝戦:
エジプト 1(1-2/0-1)3 ロシア   ブラジル 3(2-1/1-1)2 アルゼンチン
*男子 3位決定戦 10月18日(木)22:30(日本時間)
 アルゼンチン vs エジプト
*男子 決勝戦 10月19日(金)AM1時(日本時間)
 ブラジル vs ロシア


・女子
Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)
Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)

今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!
オリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場です!


また、大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加されてます!


試合の模様はネット配信(動画またはテキスト)が行われます。

女子フットサルのU-18カテゴリーによる初の国際舞台での金メダルを賭けた戦いに注目です!


未来に繋がれ!!!!


#ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-16 11:40 | サッカー/フットサル | Comments(0)

ユースオリンピック U-18フットサル女子日本代表 準決勝戦へ!   

2018年 10月 14日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」も終盤です!

まずは、フットサル競技・女子 7日目の試合結果。
1次ラウンド(グループステージ)最終戦。

・グループD
ドミニカ共和国 3(2-0/1-3)3 チリ
ポルトガル 2(1-0/1-0)0 日本

・グループC
スペイン 16(10-1/6-0)1 トリニダード・トバゴ
タイ 2(1-2/1-3)5 トンガ


U-18フットサル女子日本代表は3勝1敗となり、グループD・2位で決勝ラウンド(ノックアウトステージ)に進みます!
(初戦 vs カメルーン 〇6-2/第2戦 vs チリ 〇4-1/第3戦 vs ドミニカ共和国 〇6-2)


U-18フットサル女子日本代表の次戦・決勝ラウンド(ノックアウトステージ)準決勝戦は、10月16日(火)AM4時(日本時間)
決勝戦進出を賭けてグループC・1位のスペインと対戦です!
もう一つの準決勝戦は、10月16日(火)AM2時(日本時間) ポルトガル vs ボリビア


フットサル競技・女子 1次ラウンド(グループステージ)の最終成績。


・グループC(スペイン・ボリビアが決勝ラウンド進出)
1位:スペイン 4試合 4勝 39/5/+34
2位:ボリビア 4試合 3勝1敗 20/17/+3
3位:タイ 4試合 2勝2敗 29/13/+16
4位:トリニダード・トバゴ 4試合 1勝3敗 10/40/-30
5位トンガ 4試合 0勝4敗 8/31/-23


・グループD(ポルトガル・日本が決勝ラウンド進出)
1位:ポルトガル 4試合 4勝 37/2/+35
2位:日本 4試合 3勝1敗 16/7/+9
3位:カメルーン 4試合 2勝2敗 16/13/+3
4位:チリ 4試合 0勝1分け3敗 6/27/-21
5位:ドミニカ共和国 4試合 0勝1分け3敗 6/32/-26


今回のユースオリンピックには男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによるリーグ戦の後、各グループ上位2チームにより決勝ラウンド(準決勝戦・3位決定戦・決勝戦)が行われます。


・男子
Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)
Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)


・女子
Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)
Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)


今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!
オリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場です!


また、大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加されてます!


試合の模様はネット配信(動画またはテキスト)が行われてます。

女子フットサルのU-18カテゴリーによる初の国際舞台での戦いに注目です!


未来に繋がれ!!!!


#ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-14 06:10 | サッカー/フットサル | Comments(0)

U-18フットサル女子日本代表 ユースオリンピック   

2018年 10月 12日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」が始まってます!

フットサル競技・女子 大会5日目の試合結果。

(U-18フットサル女子日本代表は今回が3試合目)

・グループD

日本 6(4-2/2-0)2 ドミニカ共和国

・グループC

トンガ 0(0-7/0-1)8 スペイン
*スペインの決勝トーナメント進出が決定

U-18フットサル女子日本代表は0-2から逆転で3連勝!!!
決勝トーナメント進出を決めました
(^^)/
(初戦 vs カメルーン 〇6-2/第2戦 vs チリ 〇4-1)
*3試合目を終えて、10名(GK2名・FP8名)全員がコートに立ち、FP8名全員が得点となりました!

U-18フットサル女子日本代表の次戦・リーグ最終戦(4戦目)は、10月14日()AM2時(日本時間) グループ1位を賭けてポルトガル戦です!

フットサル競技・女子 5日目を終えての成績

・グループC(スペインは決勝トーナメント進出決定)
スペイン 3試合 3勝 23/4/+19
ボリビア 3試合 2勝1敗 15/15/±0
タイ 3試合 1勝2敗 20/12/+8
トリニダード・トバゴ 2試合 1勝1敗 7/19/-12
トンガ 3試合 0勝3敗 7/22/-15

・グループD(ポルトガル・日本の決勝トーナメント進出決定)

ポルトガル 3試合 3勝 35/2/+33
日本 3試合 3勝 16/5/+11
カメルーン 3試合 1勝2敗 11/13/-2
チリ 2試合 0勝2敗 3/19/-16
ドミニカ共和国 3試合 0勝3敗 3/29/-26

今回のユースオリンピックには男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによるリーグ戦の後、各グループ上位2チームにより決勝トーナメント(準決勝戦・3位決定戦・決勝戦)が行われます。

・男子

Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)

Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)

・女子

Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)

Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)

今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!

オリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場です!

また、大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加されてます!

試合の模様はネット配信(動画またはテキスト)が行われてます。

女子フットサルのU-18カテゴリーによる初の国際舞台での戦いに注目です!

未来に繋がれ!!!!

#ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表
[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-12 06:32 | サッカー/フットサル | Comments(0)

ユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表!   

2018年 10月 10日

U-18フットサル女子日本代表の「第3回ユースオリンピック競技大会2018ブエノスアイレス」が始まってます!

フットサル競技・女子は3日目を迎えています。

U-18フットサル女子日本代表は2日目に初戦を迎えました。

U-18フットサル女子日本代表の初戦・カメルーン戦は、6(0-2/2-4)2で勝利でスタート(^^)/

U-18フットサル女子日本代表の次戦は、10月11日(木)AM2時(日本時間) チリ戦です!


今回のユースオリンピックには男女共に10ヶ国が出場し、5ヶ国2グループによるリーグ戦の後、各グループ上位2チームにより決勝トーナメント(準決勝戦・3位決定戦・決勝戦)が行われます。

・男子
Aグループ(アルゼンチン、エジプト、パナマ、イラク、スロバキア)
Bグループ(イラン、ソロモン諸島、コスタリカ、ロシア、ブラジル)

・女子
Cグループ(トリニダード・トバゴ、タイ、スペイン、ボリビア、トンガ)
Dグループ(チリ、ポルトガル、ドミニカ共和国、カメルーン、日本)

今回のユースオリンピックにU-18フットサル女子日本代表が出場となったのは、今年5月にタイ行われたAFCでフットサル女子日本代表が準優勝し、それにより出場権を得られたものです!
オリンピックの名称がつく大会にフットサル競技が初登場です!

また、大会の審判員として、日本からフットサル国際審判員の小林裕之氏が参加されてます!

試合の模様はネット配信が行われてます。
女子フットサルのU-18カテゴリーによる初の国際舞台での戦いに注目です!

未来に繋がれ!!!!

#ユースオリンピック #フットサル #U18フットサル女子日本代表


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-10 13:21 | サッカー/フットサル | Comments(0)

皇后杯 全日本女子サッカー選手権大会 東海予選   

2018年 10月 07日

皇后杯JFA第40回全日本女子サッカー選手権大会 東海予選
10月7日(日) 二回戦(準々決勝戦)

・アカデミー福島(チャレンジリーグ) 5-0 聖カピタニオ女子高等学校(一回戦勝ち上がり)

・名古屋経済大学女子サッカー部(一回戦勝ち上がり) 1-2 藤枝順心高校(東海女子サッカーリーグ1部・前半2位枠)


・常葉大学付属橘高校(東海女子サッカーリーグ1部・前半1位枠) 2-0 ヴィアティン三重レディース(一回戦勝ち上がり)


・愛知東邦大学(一回戦勝ち上がり) 0-3 NGUラブリッジ名古屋(チャレンジリーグ)


勝利して準決勝戦を戦う4チームが、全国大会に進む東海代表の4枠に決まりました。
第1代表から第4代表を決める10月13日(土)準決勝戦、10月14日(日)の3位決定戦および決勝戦は、岐阜県フットボールセンター(岐阜県羽島郡笠松町江川堤外)天然芝グランドにて行われます!


準決勝戦 組合せ
10月13日(土) 11:00 アカデミー福島 vs 藤枝順心高校
10月13日(土) 14:00 常葉大学付属橘高校 vs NGUラブリッジ名古屋


#皇后杯 #全日本女子サッカー選手権大会 #東海予選


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-07 20:44 | サッカー/フットサル | Comments(0)

福井しあわせ元気国体2018 サッカー競技・三重県   

2018年 10月 05日

「福井しあわせ元気国体2018」サッカー競技
三重県チーム 振り返り(^_^)

◇成年男子(ヴィアティン三重+FC.ISE-SHIMA)

・一回戦 vs 北海道(北海道十勝スカイアース+ノルブリッツ北海道道+北海道教育大学岩見沢校+札幌大学)
〇1-0
・準々決勝戦 vs 徳島県(FC徳島)
〇4-0
・準決勝戦 vs 福井県(サウルコス福井)
×1-1(PK3-5)
・3位決定戦 vs 宮崎県(テゲバジャーロ宮崎+ホンダロックSC+宮崎産業経営大学)
×1-2

*最終成績:4位

◇女子(伊賀FCくノ一+伊賀FCくノ一サテライト)

・一回戦 vs 福井県(福井工業大学付属福井高校+福井工業大学+武蔵丘短期大学シエンシア+帝京平成大学+愛知東邦大学+マイナビベガルタ仙台レディース)
〇0-0(PK5-3)
・準々決勝戦 vs 長野県(AC長野パルセイロ・レディース+松商学園高校+AC長野パルセイロ・シュヴェスタ-+帝京平成大学+FCシュロス松本+AC信州大学)
〇5-0
・準決勝戦 vs 愛媛県(愛媛FCレディース)
〇2-1
・決勝戦 vs 岡山県(吉備国際大学Charme岡山高梁+岡山湯郷Belle)

〇3-0

*最終成績:1位(優勝)

平成13年(2001年)第56回宮城国体・成年女子 宮城県と2チーム1位(悪天候で決勝戦中止)
平成18年(2006年)第61回兵庫国体・女子
平成27年(2015年)第70回和歌山国体・女子
4度目(女子として3度目)の1位(優勝)となりました!

☆サッカー競技・男女総合として初の1位となりました!!

#国体 #福井国体 #サッカー #三重県


[PR]

# by kunoichilove | 2018-10-05 09:24 | サッカー/フットサル | Comments(0)